AGA治療をしてモテよう!

AGA治療をすれば薄毛やハゲは改善されていきます。昔のフサフサの髪の毛に戻りたい…そんな願望が叶いますよ!まずはなにをすればいいのか、どうしたらいいのか詳しくレクチャーしていきますので参考になさってみてください。

AGA治療とはそもそもなに?

「病院でAGA治療を受けられます」と、よく宣伝されている事がありますが、そもそもどのような治療を行うのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
AGA治療にはいくつかの種類があるのですが、定番とも言えるのがフィナステリド薬を利用する治療です。フィナステリドというのはプロペシアやフィンペシアなどの内服薬に含まれている成分の事ですが、この成分は脱毛を促している物質を抑える働きがあります。
AGAというのは脱毛物質が生成される事によって脱毛が促進される訳ですが、フィナステリド薬を飲む事で脱毛物質を作らせないようにする事ができますので、脱毛を予防する事ができるのです。脱毛物質の生成を予防しない限り発毛を促す事は難しいとされていますので、AGA治療に於いて非常に重要な存在と言えますし、大抵のAGA治療の際にはフィナステリド薬を処方される事になります。
ただし、フィナステリド薬だけでは発毛させる事は困難です。あくまでも脱毛物質を抑える為の作用しかありませんし、脱毛が食い止められても毛根の活動が低下しているようですと発毛させる事はできないのです。
そこで役立つのがミノキシジル薬です。ミノキシジルは有名な発毛剤であるリアップにも含まれている成分ですが、強力に発毛を促進する作用があると言われています。従来の発毛剤に含まれている発毛成分とは一線を画す効果があり、医学的にもきちんと発毛する事が確認されているのが特徴です。
作用のメカニズムとしては、毛細血管の細胞を増殖させ、そして血流量をアップさせる事によって毛母細胞の働きが活発になり、そして発毛し易くなります。
フィナステリド薬で脱毛物質を抑えつつ、ミノキシジル薬で発毛を促すというのが現在のAGA治療の定番であり、効果的な治療とされているのです。
しかしながらこれだけが治療法ではありません。その他にも頭皮に直接注射を打つという治療法もあります。フィナステリド薬やミノキシジル薬は飲んだり塗ったりして利用する訳ですが、間接的なケア方法になってしまいますので、思うように効果が見られない事もあるのです。
そこで登場したのが注射治療です。有効成分を直接頭皮に注入していきますので、ダイレクトに毛根に作用し、高い効果に期待する事ができると言われています。数回の治療を受けただけで発毛が確認できたというケースもあるようですし、また男性だけでなく女性でも受けられるという魅力があります。一般的な治療と比較するとコストが高いのが短所ですが、効果的な治療法として知られているのです。

↓プロペシアについて詳しく知りたい方
肝臓を壊す?プロペシアの副作用とは